▶︎ご契約の流れはコチラ ▶︎サービスポリシーはコチラ

資産運用顧問は、お客様と一緒に投資方針を決め、
その実現に向けて弊社のアドバイザーが投資助言を行い、
投資目標を達成していくサービスです。

資産運用顧問は、お客様と一緒に投資方針を決め、その実現に向けて弊社のアドバイザーが投資助言を行い、 投資目標を達成していくサービスです。

資産運用顧問プラン

固定報酬型料金

運用資産の1.5%(税別)

最低手数料250,000円(税別)

※運用資産は、契約日における純資産額を基に算出する。
※運用収益は、原則として契約日の純資産額と契約応当日前日の純資産額の差額を基に計算する。

資産運用顧問プラン

固定報酬型料金

運用資産の1.5%(税別)

最低手数料250,000円(税別)

※運用資産は、契約日における純資産額を基に算出する。
※運用収益は、原則として契約日の純資産額と契約応当日前日の純資産額の差額を基に計算する。

仕事、趣味、家庭など日々の生活にはたくさんの時間に囲まれています。
そんな中で、とりわけ投資情報だけを常にチェックし続けるのは極めて困難ではないでしょうか。
だからこそプロのアドバイザーが、あなたの金融商品1つ1つを把握し、
マーケット動向に合わせて情報を共有する仕組みをご提供します。
これでもう常にマーケットをチェックし続ける必要はありません。
あなたのお時間で投資ライフを楽しみたい時にチェックするだけで良くなります。

弊社は東海財務局より投資助言業(東海財務局長(金商) 第180号)として
正式登録を受けた投資助言業務を行なっております。
投資助言業者は、一般的に知られる証券会社とは立場が異なり、
金融商品や提携商品というものの販売・仲介は一切行わず、
純粋な情報提供アドバイザーとして特化しています。
そのためクライアント様のご意向や現在のマーケット環境、
客観的な実績や評価を基に最適な投資商品の選定を行っていきます。
中立公正な立場から、純粋に情報提供のみを行うこと。
これが弊社の考えであり、ある条件下のマーケットでは1~2年間ほど
「休むも相場」となることもあります。

ex,投資信託の場合

投資信託は人気や売れ行きが良いものが、評価の高いものとは限りません。
過去のリターン、標準偏差、シャープレシオなど
過去の投資信託の実績を使って投資判断をしています。

投資において最も重要と言われるのは、投資商品の売り時です。
相場格言でも「買い上手より、売り上手」という言葉があるくらい、売りのタイミングが大切です。
買いのポイントもしっかり見定めますが、買うと決めたら、
売り時(出口戦略)もしっかり定めて投資アドバイスを行います。

ポジショントレード(数ヶ月単位取引)の買いと売りの例

マーケットにリスク要因が増えた場合、保有商品を売却して現金ポジションを増やします。

マーケットに問題が発生して日経平均株価が急落!

現金ポジション何割をどういった局面に何回に分けて投入するかを決めます。
(商品内容、マーケット環境により常に異なる)

同時に売却のポイントを決めます。ただし、売却ポイントに固執はしません。

売却ポイントが近づいたら、
その時の応じて保有ポジションを何割残すを検討して売却します。
(商品内容、マーケット環境により常に異なる)

投資戦略において、テクニカル分析、ファンタメンタルズ分析、アノマリー分析などを
分析は多角的に総合的に行うのがプロの世界ですが、弊社の強みは分析を行うアドバイザーの
知性(インテリジェンス)、心(メンタリティー)、直感(シックスセンス)を重視していることです。

  • 各分析手法を学び、マーケットに関連する情報を手に入れても必ずしも投資がうまくいく訳ではありません。まずは情報を理解した上で、次を予測する知性(インテリジェンス)が必要になってきます。

  • 次にマーケットが「こう動く!」というシナリオは分かっていても、保有商品に利益が出ていて気持ちが高ぶっている状態では「この株はまだ上がるだろう!」と考えてしまい、売り時を間違えてしまうこともあります。頭では理解していても心が迷う時もあるのが人間です。このようなジレンマから抜けるには、心(メンタリティー)が、とても重要になってきます。投資のうまさは、ある意味でスポーツと同じく、メンタルの強さとも言えます。

  • 最後に最も重要なことがあります。マーケット予測を100%的中させることは不可能であるという前提が投資の世界です。そのため知性(インテリジェンス)や心(メンタリティー)だけでは限界があり、経済の流れや空気を読む感性が必要になってきます。「感じる」という人が本来持つ特性です。そのため弊社では投資の最終判断は直感(シックスセンス)を最も重要視しています。相場観という言葉があるように、何かを買う最後の判断は直感です。自分のインスピレーションをいかに信じることができるかも、投資の重要なポイントだと弊社は考えています。

仕事、趣味、家庭など日々の生活にはたくさんの時間に囲まれています。そんな中で、とりわけ投資情報だけを常にチェックし続けるのは極めて困難ではないでしょうか。だからこそプロのアドバイザーが、あなたの金融商品1つ1つを把握し、マーケット動向に合わせて情報を共有する仕組みをご提供します。これでもう常にマーケットをチェックし続ける必要はありません。あなたのお時間で投資ライフを楽しみたい時にチェックするだけで良くなります。

弊社は東海財務局より投資助言業(東海財務局長(金商) 第180号)として正式登録を受けた投資助言業務を行なっております。投資助言業者は、一般的に知られる証券会社とは立場が異なり、金融商品や提携商品というものの販売・仲介は一切行わず、純粋な情報提供アドバイザーとして特化しています。そのためクライアント様のご意向や現在のマーケット環境、客観的な実績や評価を基に最適な投資商品の選定を行っていきます。中立公正な立場から、純粋に情報提供のみを行うこと。これが弊社の考えであり、ある条件下のマーケットでは1~2年間ほど「休むも相場」となることもあります。

ex,投資信託の場合

投資信託は人気や売れ行きが良いものが、評価の高いものとは限りません。 過去のリターン、標準偏差、シャープレシオなど過去の投資信託の実績を使って投資判断をしています。

投資において最も重要と言われるのは、投資商品の売り時です。相場格言でも「買い上手より、売り上手」という言葉があるくらい、売りのタイミングが大切です。買いのポイントもしっかり見定めますが、買うと決めたら、売り時(出口戦略)もしっかり定めて投資アドバイスを行います。

ポジショントレード(数ヶ月単位取引)の買いと売りの例

マーケットにリスク要因が増えた場合、保有商品を売却して現金ポジションを増やします。

マーケットに問題が発生して日経平均株価が急落!

現金ポジション何割をどういった局面に何回に分けて投入するかを決めます。(商品内容、マーケット環境により常に異なる)

同時に売却のポイントを決めます。ただし、売却ポイントに固執はしません。

売却ポイントが近づいたら、その時の応じて保有ポジションを何割残すを検討して売却します。(商品内容、マーケット環境により常に異なる)

投資戦略において、テクニカル分析、ファンタメンタルズ分析、アノマリー分析などを 分析は多角的に総合的に行うのがプロの世界ですが、弊社の強みは分析を行うアドバイザーの 知性(インテリジェンス)、心(メンタリティー)、直感(シックスセンス)を重視していることです。

  • 各分析手法を学び、マーケットに関連する情報を手に入れても必ずしも投資がうまくいく訳ではありません。まずは情報を理解した上で、次を予測する知性(インテリジェンス)が必要になってきます。

  • 次にマーケットが「こう動く!」というシナリオは分かっていても、保有商品に利益が出ていて気持ちが高ぶっている状態では「この株はまだ上がるだろう!」と考えてしまい、売り時を間違えてしまうこともあります。頭では理解していても心が迷う時もあるのが人間です。このようなジレンマから抜けるには、心(メンタリティー)が、とても重要になってきます。投資のうまさは、ある意味でスポーツと同じく、メンタルの強さとも言えます。

  • 最後に最も重要なことがあります。マーケット予測を100%的中させることは不可能であるという前提が投資の世界です。そのため知性(インテリジェンス)や心(メンタリティー)だけでは限界があり、経済の流れや空気を読む感性が必要になってきます。「感じる」という人が本来持つ特性です。そのため弊社では投資の最終判断は直感(シックスセンス)を最も重要視しています。相場観という言葉があるように、何かを買う最後の判断は直感です。自分のインスピレーションをいかに信じることができるかも、投資の重要なポイントだと弊社は考えています。

  • 株価変動リスク

    株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、 投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。

  • 価格変動リスク

    投資信託が組入れる有価証券の価格は、国内および国外の政治・経済情勢、発行企業の業績、市場の需給等を反映して変動します。 組入有価証券の価格が下落した場合には、基準価額が下落する要因となります。

  • 為替リスク

    外国為替相場の変動により外貨建資産の価格が変動するリスクをいいます。外貨建資産については、 一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高となった場合には、基準価額が下落する要因となります。

詳細はこちら

希望者の方には投資顧問契約にファイナンシャルプランニングの要素を追加し、
  より総合的な資産アドバイスをご提供することが可能です

総合資産アドバイス
10,000円
保険、相続、不動産購入などの資産を把握して、
投資以外の分野もアドバイスをします。
ファイナンシャルプランニング
内容により料金が異なる
相続税対策、不動産投資を行うなど
本格的なファイナンシャルプランが必要な場合。

希望者の方には投資顧問契約にファイナンシャルプランニングの要素を追加し、より総合的な資産アドバイスをご提供することが可能です。

総合資産アドバイス
10,000円
保険、相続、不動産購入などの資産を把握して、投資以外の分野もアドバイスをします。
ファイナンシャルプランニング
内容により料金が異なる
相続税対策、不動産投資を行うなど本格的なファイナンシャルプランが必要な場合。

電話 052-955-5038
営業時間: 月~金 10:00〜17:00 / 完全予約制

  • お名前 (必須)
  • ふりがな (必須)
  • お電話番号
  • メールアドレス (必須)
  • 確認用メールアドレス (必須)
  • 第1ご希望日時
  • 第2ご希望日時
  • 第3ご希望日時
  • ご相談内容